産後の白髪はなぜ増える!? 原因と対処法をチェック!

 


出産後は様々な体調の変化を実感しますが、特に頭皮関係は大きな影響を受けます。

特に悩ましいのが、抜け毛と白髪ですが抜け毛に関しては女性ホルモンのバランスの影響が大きいので、1年もしたら元通りになります。

しかし、悩ましいのは白髪の方でしょう。

 

ここでは産後の白髪の原因と対処法を解説していきます。

産後の白髪が増えるのはなぜ!?

なんらかの理由で毛髪の色素細胞の能力が衰え、色素が消失した状態が白髪です。毛根と言われる髪の毛の根っこの部分には、毛乳頭の周りを毛母細胞が取り囲んでいます。

その毛母細胞の間には、毛髪に色を付けるメラニン色素を作りだす「メラノサイト(色素形成細胞)」があり、そこでメラニン色素が生成されて髪の毛に色が付くようになっています。このメラノサイトが減少すると、それに比例してメラニン色素も減り、髪の色素が薄くなって白髪になるのです。

妊娠・出産を通して体内の女性ホルモンの分泌量は急激に変化し、髪の毛にも大きな影響を与えます。毛髪を育成するエストロゲンという女性ホルモンが減少するなど産後にはホルモンバランスが不安定になります。そうしてメラノサイトも女性ホルモンの刺激を受けられなくなり衰えてしまうと、白髪が増えてしまいます。

白髪になる原因は解明されていない部分が多いのですが、遺伝的な要素や、栄養不足、ストレスなども関係していると言われています。

産後の女性の場合には、育児で忙しく自分の食事の栄養バランスが崩れがちなことや育児のストレス、睡眠不足も白髪が増える原因になっていると考えられます。

特にストレスは交感神経を優位にするので毛細血管が収縮してしまい、頭皮や毛髪にまで十分な栄養が行き渡らなくなります。

産後の白髪は元に戻る!?

産後に白髪が増え始めた人でも、元に戻った人と治らなかった人がいるのは、白髪が生えた・増えた原因の違いによるものです。

髪の老化による白髪はほぼ元に戻りませんが、ホルモンバランス・栄養不足・ストレスなど、原因が一過性の場合は、その原因を改善してあげれば元に戻る可能性はあります。

(色素を作るメラノサイトが消失してしまった場合は戻りません)

年齢や遺伝によって元々白髪になりやすい体質の人は、妊娠・出産による体の変化がキッカケになっただけで、遅かれ早かれ白髪は増えていたと思われます。

そのような場合の白髪は、残念ながら、ずっと白髪のままで元に戻りません。

そして、白髪の原因が一過性の場合でも、なんの対策もせず放っておくと白髪はさらに増えやすくなり 、毛髪自体も細く抜けやすく、ボリュームが出にくい状態になっていきます。

産後の白髪対策

いくら白髪ができやすい環境にあるのだと理解できても、白髪が生えたままでいるのはなかなか耐えられるものではありません。

  1. 白髪を抜く
  2. 白髪を抜くという方法は、白髪が数本しかないのならとても有効的な手段だと思います。気づいた時に特別な道具がなくても一瞬で目立たなくさせることができます。すでに実践しているママも多いでしょう。

  3. 白髪を短くカット
  4. 「抜くのは痛いから」と根元のキワで短くカットしてしまう方法。

    この方法なら頭皮や髪へ影響を与えることはありませんが、短い白髪がピンと跳ねてかえって目立ってしまう可能性(いわゆるアホ毛という現象)があるのであまりオススメできません。

  5. 白髪を染めて黒くする
  6. 白髪の数がそれなりだとヘアカラーやカラーリングも選択肢に入ってくることでしょう。

    美容室で染めることもできますし、行く余裕がない人でも市販品があります。今はオシャレな白髪染めがたくさん販売されているので、割と抵抗なく買えてしまえるのではないでしょうか。

    ただし、産後しばらくはホルモンバランスの乱れからママの身体もかなりデリケートな状態にあるので、それまでカラーリングで肌荒れしなかった人でも炎症を起こす可能性が高くなるということはだけはしっかり認識しておいてください。

オススメの産後の白髪は低刺激の白髪染めトリートメントがおすすめです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。